種類について

かつらや植毛の基礎知識

かつらの構造

かつらには、いくつもの種類があるのを皆さんご存知でしょうか。薄毛に悩み始めてかつらを考えている人であれば、まずはどんなかつらがあるのか覚えておきましょう。その上で、しっかりと自分に合うかつらをつけるようにしましょう。

まず、かつらの構造ですが、かつらは人口で造られている皮膚やネットに植毛したものがあります。タイプとしては、髪全体をカバーしてくれるかつらと、薄毛の部分をカバーしてくれるかつらがあります。かつらには、人毛のタイプと人工毛のタイプの2種類が存在します。

次に、かつらの取付方法ですがこちらもタイプがいくつかあります。


気軽にかつらを始める

ピンやテープでとめるかつらや、自毛に編み込む方法もありますし、接着剤が特殊なものあり、こちらは地肌に直接つける方法になります。自分で着脱が可能なかつらでしたら、わざわざサロンに足を運ぶ必要もありませんので、非常に手軽にかつらが取り付け可能なのです。

サロンに通わない分、自分でかつらをメンテナンスしなくてはいけません。1週間に1回程度かつらを洗うようにしましょう。そのようにすることで、かつらを清潔に保つことができるのです。全体をカバーしてくれるかつらですが、こちらは全体をかつらでカバーするために強風の天気だった場合でも、かつらがずれにくいという効果がでます。

髪の毛の量も、自由に調整できたりするのが特徴でもあります。次に、部分をカバーするかつらですが、こちらは薄毛が気になる部分だけカバーするためにあまり気にすることなく気軽にかつらを始めることが可能になるのです。